最近の投稿

経営者の年収

会社設立と経営者の年収

会社設立をする目的にも色々なものがあると思いますが、お金を稼ぎたいというのも立派の動機の一つです。その様な目的を満たすための手段として事業を興すということは珍しいことではないでしょう。この様な何らかの目的のために買いは設立をした場合、最初に決めなければならないのが経営者の取り分であるというのはあまり知られていない事実です。

わゆる経営者は労働者とは違い、受け取る金額は役員報酬と呼ばれます。会社設立をするメリットの一つとして、この役員報酬は経費として計上することができるのです。

この仕組みは上手に活用する必要がありますので予め考えておく必要があるでしょう。何も知らない場合、役員報酬は毎月の余剰金を当てたいと考えるのが現実的であると言えますが、実際に経費として認められるのはあらかじめ設定しておいた月額報酬の12倍の金額だけなのです。

つまり役員報酬を年収額であらかじめ指定しておき、それを毎月同じ額受け取らなければならない仕組みになっているのです。

その額を利益が上がったからと言って勝手に増額したり、逆に利益が得られなかったからと言って勝手に減らすことは禁じられています。

そのため会社設立後最初に決めなければならないことの一つに自分の年収があるのです。この仕組みは会社設立後ずっと続くものであり、自由に変更することが難しいのです。

株式会社の場合には事業年度が終了してから3カ月の間のみ変更が可能であるとされています。そのため株式会社ではこの3カ月の間に株主総会を開き、株主の了解を得るという手順を踏むことになります。そのため株式会社の場合には特にですが、自分の年収を決めるためにも相当な労力を必要としているのです。

なおこの決めごとには特例措置があり、事業の急激な変化によって大きな損失が発生した場合等資金繰りが厳しく事業が立ちいかない場合に限っては事業年度途中での役員報酬の減額は可能であるとされています。単純な資金繰り程度の事情では認めてもらうことはできませんが、やむをえない事情がある場合には減額に限って申請が通る可能性があるのです。

なお、会社設立時には事業が今後どのように進展していくのかが全く見えていないということも少なくないものです。

そのため事業開始時に関してはしばらく猶予があります。さらには事業年度終了時に大きな利益が合った場合に、それを報酬に上乗せしたいと考えることも少なくないでしょう。しかしそのようなお金には課税される仕組みになっています。